ドラムを高く売る!買い取り業者の見つけ方

ドラムの買取価格の相場とは

知り合いのバンドのドラムの方から、今使っているドラムを売って新しいのを買おうと思っていると相談を受けたので、一度ドラムの買取価格の相場がどれくらいなのか調べてみることにしました。ざっと調べてみたところ、現在中古ドラムは取引量が少なく、買取相場も低いことが分かりました。それとは逆に、今電子ドラムは需要が伸びており、買取価格も高く取引も増えているようです。買取の依頼を受けたドラムがどれくらいで売れるのか調べてみましたが、思ったほど高い値段で売れないようでした。中古ドラムを販売している業者も少ないので買取の選択肢は多くありませんが、どうしても売りたいという方は買取価格が低めになることを覚悟して下さい。

ドラムの買い取りをお願いしたよ

私は中学生の頃からドラムをやっていたんだけど、進学をきっかけにドラムをやめる事にしたんだ。新しく引っ越すアパートでは楽器が禁止だったからね。でも、まだまだ使えるドラムだったから捨てるのが勿体なくて売ろうと思った。買取ショップについては前にお兄ちゃんがギターやアンプを売った専門店で売る事にしたんだけど、相場価格よりも凄く良い値段で買い取りしてもらえたから嬉しい。実はドラムは1種類じゃなくて2種類買い取りしてもらったんだけど、両方とも納得出来る価格で買取してもらう事が出来た。家の中にはまだ処分しなくちゃいけない楽器類やオーディオ類があるから、この機会に全部売ってしまおうって考えてる。また利用したい。

出張で買取して貰った

自宅にあった不要になったドラムを売る事にしたよ。どういう場所で売って良いのか分からなかったから、ネットで検索したら良いショップがあったからそこで売る事にした。今回、買取して貰ったドラムは電子ドラムの一種なんだけど、自分で運ぶ事が出来なかったから出張で買取して貰う事にしたよ。どういう人が来るのか不安だったけど、実際に来てくれたスタッフの人は爽やかで親切な対応だったよ。査定に時間がかかるのは嫌だなって思ってたけど、迅速な対応だったからすぐに価格を出してもらう事が出来た。実際の価格は相場価格よりも良い値段だったからその場で買取して貰う事にしたよ。相場は常に変動するらしいけど今回は高い価格で売る事が出来たから満足しているよ。

自宅で眠ってたドラムを買取してもらった

僕は小学生の頃にドラムを習ってたんだけど、バンドメンバーがみつからなかったり練習が嫌になったりしてドラムをやらなくなってしまったんだ。でも、せっかく買ってもらったんだからっていう気持ちから処分が出来ずにいたんだよね。それ以降もドラムを触るような事はなくて最近まで自宅で眠ってたんだけど、今回は父さんの仕事の関係で狭いマンションに引っ越す事になったからドラムを売ろうと考えたんだ。でも、そのドラムは大型だからショップまで運ぶ事が出来なかったから出張買取を申し込む事にしたよ。出張買取の連絡をしてからすぐに価格を出して貰えたから助かった。実際に売れた金額は相場よりも良い価格だったから良かったし、何よりも自宅まで来てもらえるっていうのが助かったよね。

ドラムの買取相場について

先日、とあるバンドグループのライブに行く機会がありました。普段は音楽をテレビでみて、音楽プレイヤーで聴くことぐらいしかしていないのですがたまたまはがきでライブ観戦に応募したら当選したのがきっかけでした。今までバンド演奏で一番カッコイイと思っていたのはギターでした。それが年齢からか感じ方が変わったのか、生演奏のドラムを聴いてすごく心に響きました。全くの無趣味だったのですが、これを機に楽器を演奏してみたいと思い、楽器をリサイクル販売店にいき、どんな楽器がどれぐらいの価格で売られているのか、相場チェックに出向きました。感動したドラムは、高価買取という貼紙が目立つ場所に書いてあるとおり、とても趣味として手がでる金額ではなかったので、お金がもう少したまったらもう一度購入を検討しようと思いました。

ドラムの出張買取を依頼

これから記述するのは、私がドラムの買取を依頼した時の体験談についてです。新生活を始めるにあたって、部屋が狭くなるということでドラムを置くことが出来ない事が判明しました。愛用していたものだったので、手放すのは出来れば避けたかったのですが、他に置くところもなかったので、泣く泣く買取を依頼しました。私の場合は、当時車も持っておらず、ドラムを運ぶことが出来なかったので、出張買取を行っている店に依頼をしました。あらかじめ、相場価格を調べておきました。 長い間愛用していたこともあり、買取価格は買取相場価格には届きませんでしたが、思っていた以上の高値をつけていただき、満足しています。またいつかドラムを購入したいと思います。

思い出の品の処分方法

祖父が亡くなり、愛用のドラムの処遇について家族で話し合った時のことについて記述していきます。祖父がドラムを始めたのは、還暦を過ぎ会社を定年退職した後でした。以前やったことがあるということで、同年代の人達とバンドを組んで楽しんでいました。そんな祖父が亡くなったのは、5年ほど前のことです。病気でした。遺されたドラムセットをどうするかを話し合った結果、捨てるのではなく買取をしてもらおうとなりました。そのまま置いておければ良かったのですが、スペースの関係でそれも出来ませんでした。買取を依頼したのは、祖父もよくお世話になっていた近所の楽器屋さんでした。買取相場価格よりも高く買い取ってもらうことが出来ました。

ドラムを買い取ってもらいました。

僕は、中学一年生の頃からドラムを始めました。夏休みに、地元で行われていた夏祭りで見たバンド演奏がとてもカッコよくて、一発でとりこになりました。一緒にいた僕の友人はギターに憧れたようですが、僕は断然、ドラムでした。腕が一体いくつあるのか。初めて見た衝撃は今でも忘れられません。それから、ドラムのセットを少しずつ集め始め、練習にも一生懸命取り組みました。しかし、高校、大学と勉学やスポーツにとても忙しくなり、ドラムからは自然と遠ざかっていきました。ドラムの腕もかなり上達していただけに残念でしたが、ついにドラムセットを売ろうと決めました。相場よりも高い価格で売りたかったため、いろいろと探しましたが、こちらのお店がとても高い価格で買取ってくれました。ありがとうございました。

宅配買取で売った電子ドラム

自宅にあった電子ドラムを売りたいと考えていたのですが、相場は定価よりは圧倒的に安くなるということは分かった上で売りたかったのです。といっても、実際に買い取ってくれる店までこの重たい電子ドラムを持っていくのも大変だったのです。それでも買い取り価格は知っておきたかったこともあり、査定をしてもらったのです。宅配買取してもらうこともできるというので、ホームページからメールで問い合わせをしてみたのです。すると、ダンボール箱に梱包して、着払いで送って欲しいと言われたのです。言われた通りに着払いで送ってみるとその後、電話で査定した価格を教えてもらうことができたのです。その価格でいいなら、そのまま買い取ることもできるというので、売ったわけです。

ドラムの買取りについて

私は昔から音楽が好きで、自宅にドラムセットを持っていました。しかし事情があり、このドラムを売却しなければならなくなったんです。長年愛用してきたものだけに、手放すことになったのはとても残念で名残惜しかったですよ。でも売却をして現金に換えなければ、もっと事態は悪くなります。したがってしぶしぶこれらを売却することにしたんです。そのような時に利用したものが、ドラムの買取りを行っているオンラインの査定でした。これを利用することで自分の持っているこのドラムが大体いくらぐらいの価格で買取りをしてもらえるのか、その相場を知ることができました。またオンライン査定なので、業者と交渉をすることもなくスムーズに売却ができて良かったですね。

中古楽器の買取相場価格を調べる方法

楽器買取の査定

一緒に読みたい関連記事: