Wood-based

ウッドベースの楽器買取、高価買取のコツとメリット・デメリット

私は中古楽器の販売店で働いているのですが、楽器買取の査定を任されることも多いので、店員はどのような目線で査定を行っているのかを踏まえながら高価買取のコツを教えたいと思います。今回説明するのはウッドベースなのですが、この楽器は若干曲者です。というのもこの楽器には購入した際に一緒についてくる付属品が多いことがよくあるからです。中古販売店は買い取った楽器をそのまま店頭に出すわけではなく、足りない付属品はお店側で補わなければいけないため、付属品がそろっていない状態で楽器を売ろうとしても査定額が下がってしまうことが多いです。なので、ウッドベースを買い取ってもらおうとしている方はまず付属品をしっかりまとめることが大切だと思います。さらに付属品がそろっているということで店員側にいい印象を与えやすいというメリットもあります。もし足りない付属品があったらどこかで買ってしまうのも一つの手だと思います。数百円の付属品を買うだけで査定額が千円上がるなら儲けものですよね。もちろんそれにもメリット・デメリットはありますが損はしないと思います。

楽器買取サービスを利用する際の高価買取のコツ、メリット・デメリット。ウッドベース編

楽器買取サービスの中でもエレキギター、ウッドベースというのは取り扱いがかなり多く、お店でも在庫があるので下手をすると買い取り金額を大幅に下げられてしまう可能性があります。今回はそれを避けるための高価買取のコツとメリット・デメリットについて紹介したいと思います。先ほども言った通りこの楽器は流通量が多いので店舗側も高いお金を出してまで買い取ろうとはしません。しかし、理由もなく安い金額で買い取るわけにもいかないので、細かいところを指摘し、買い取り金額を下げようとするのです。ベースの買取の際に特に注目されるのがピックアップの部分です。ここは弦の振動を拾うところなのですが、仕様上金属のパーツが見えてしまっているものがほとんどです。長年ベースを使っていると底の部分にくすみが出てきてしまうことがあるので、もしそのような状態にあったら綺麗にしてから査定に出すことをおすすめします。ほかにもペグなどの金属の部品の汚れは厳しくチェックされるのできれいに磨いておきましょう。

ウッドベースを楽器買取してもらうときの高価買取のコツとメリット・デメリットについて

楽器買取を専門として行ってくれるお店があります。自分がもっている楽器を手放したいという場合には、このような専門店に持っていくのが理想的と言えます。楽器買取でウッドベースを高価買取してもらいたいというときに、とてもおすすめになりますのが、できるだけ多くの買取専門店に行きまして、買取査定を行ってもらうということです。こうすることによって、高い買い取り専門店を見つけることができるのです。これが高価買取のコツになります。では、メリット・デメリットはどうなっているかと言いますと、デメリットとしては、複数の業者に買い取り査定をしてもらうことになりますので、それだけ時間が必要になってくるということです。ただ、そんなに大きなデメリットではないのです。そして、メリットとしては、買い取り価格が一番高いところを選ぶことができるという点です。誰でも高く買い取ってもらいたいので、複数業者への査定依頼は必要と言えます。

楽器買取の査定

一緒に読みたい関連記事: